犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談マルチーズのミミとロッキー

マルチーズのミミとロッキー

マルチーズのミミちゃんとロッキーくんの飼い主様から
お便りをいただきました。

以前のお便りはかわいいお写真付きです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●2010年12月20日のお便り

(株)スケアクロウ メディカル事業部 御中

お世話になっております。

今は マルチーズの 9歳の女の子 ミミと

1歳の男の子 ロッキーと 一緒に 暮らしています。

マルチーズには 心臓病が多いので パンフェノンで 予防に

なればと思い、飲ませています。

以前の トントンは 咳が止まりました。

苦しむ事なく 18歳で老衰で逝きました。

パンフェノンのお陰だと 思っております。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

心臓病に悩むワンちゃん達は本当に多いです。
お薬を服用しだす前なら、なるべく服用スタートを先に延ばす、
また、心臓病用のお薬をスタートしているのであれば、
その効果を高めるのと、副作用から身体を守るために、
パンフェノンがお役に立っています。
少しでも愛犬、愛猫たちの身体を健やかに、ラクにしてあげたい、
と願っています。

ミミちゃん、ロッキーくん、またかわいい写真をお待ちしています!

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談マルチーズのミミとロッキー