犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ヨーキー茶太郎 歩行困難

ヨーキー茶太郎 歩行困難

今回はフードで胸椎変形症と闘っている茶太郎くんのお話です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
茶太郎.jpg

●23年1月17日
ヨーキー 茶太郎 10才 1.5kg ♂
一昨年より歩行困難になり、現在全く歩けない状態です。

胸椎変形症と診断され、介護している状況。
介護用ハーネスを付けて歩けるので、せめてグルコフードで関節を維持できればと思っています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

グルコサミンは動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれています。
「関節の動きを滑らかにする」、「関節の痛みを改善する」と言われています。

そのグルコサミン配合の特別健康食「グルコフード」を食べて頑張っている茶太郎くん。
関節ケアの一助となれば、と願っています!

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ヨーキー茶太郎 歩行困難