犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談15歳ボビーの痴呆 

15歳ボビーの痴呆 

●2010年12月18日のお便り

15歳のボビーの痴呆が前よりよくなり、夜鳴くことも減り、意識が以前よりしっかり
してきたように思います。
白内障も左は進行が早かったので、無理のようですが、右目は澄んできています。
なので私にもきくことを期待してお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
パンフェノンの血流改善の作用と、血管内皮の保護力で、
脳の毛細血管の働きもスムーズになり、結果的に意識が
ハッキリしたというお話を多くいただきます。
目も然り。
健康の根本の血流を整えるのは本当に大事なんですね。

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談15歳ボビーの痴呆