犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談よだれが減った! 口内炎の猫ちゃん

よだれが減った! 口内炎の猫ちゃん

猫の口内炎が進行すると、活発ではなくなり、触ろうとすると凶暴になったりします。
口の痛みで触られたくないからです。

さらに、食欲不振になったり、ご飯を食べている最中に急に声をあげたりします。
食べ物が痛い場所に接触してしまい、痛さのあまり叫ぶのです。

放っておけない口内炎。
そんな口内炎にお悩みの飼い主様からメッセージが届きました。

2012年1月13日のお便り
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○猫 3〜4歳 オス

重度の口内炎ですが、11月にイムファン1ヶ月分を間違って10日で与えた所、
よだれの量が減って来た様なので、継続して使ってみます。
動物病院さんに紹介しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
猫は成分吸収の習慣付けが犬より長くかかるので、
最初に多めにイムファンを与えたのは、結果的に良い変化につながりましたね!
よだれがさらにおさまる事を願っています!

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談よだれが減った! 口内炎の猫ちゃん