犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ネコちゃんのてんかんにも嬉しい変化!

ネコちゃんのてんかんにも嬉しい変化!

パンフェノンはワンちゃん用ですか?
とよく尋ねられますが、たくさんのネコちゃんにも
お飲みいただいています。

てんかんと闘うネコちゃんの飼い主様から届いたお便りです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お世話になっております。

我が家の猫にパンフェノンを飲ませるようになってから毎日嬉しい変化があります!

19歳になる我が家の猫は3月に てんかんを発病し、
病院で処方されたステロイド剤と抗けいれん剤(エグゼグラン)を
飲ませ続けています。

パンフェノンを飲ませ始めて9日目の昨日、
世話をしていたら「ゴロゴロ」と喉を鳴らしました!!

猫は嬉しいときに喉を鳴らすのですが、うちのコは3月に最初に
てんかんの痙攣発作が起きて以来、まったく言わなくなったのです。

嫌な時は「ウー」とうなったり、声も出さなかったのが
(短くではありますが)鳴くようになったり。

発作が起きるたびに獣医さんに薬のミリ数を上げられ、
だんだん感情を表さなくなって目もうつろだったのに、
活き活きとした目になりました。

また、エサに薬を混ぜると、どんなに空腹でも食べようとしなくなりました。

味覚が正常になったということなのでしょうか?

今までは病院で処方されている薬の副作用からか、
うなだれたように首を下げていたのが、
アドヴァイスいただいたように1日1包飲ませるようになったら
5日目に首を高く上げて過ごすようになりました。
(3日目までは半包でした)


猫は本来よく眠る動物ではありますが、この病気の治療を始めて以来、
極端に起きてる時間が少なかったのです。

が、パンフェノンを飲み始めてから本来のリズムを取り戻しました。

ありがとうございます。
今後の変化が楽しみです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
19歳と高齢なネコちゃんのサポートができ、大変嬉しいです。
ワンちゃんもネコちゃんも高齢化している昨今。
いかに楽に過ごせるようにできるかが課題になっています。

病気があればなおの事。
多くの動物たちの助けになれるよう、今後も努力して参ります。

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ネコちゃんのてんかんにも嬉しい変化!