犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談キャバリアちゃんのスリムアップ作戦!

キャバリアちゃんのスリムアップ作戦!

飼育環境の変化により、ヒトと同様、ワンちゃんネコちゃんも
肥満に悩むコが増えています。

肥満は万病の元!
適正体重で維持していくのが、何より健康の基礎となります。

パンフェノンとグルコフード、カルニフードを食べて体重に良い変化のあったキャバリアさんから
コメントが届きました。

〜〜〜〜〜〜〜
●ワンちゃん情報
キャバリア/ ?kg ※体重はもう少し軽くなったら公開します(笑)/12歳/メス

いつもお世話になっています。
悩みの体重がマックスより1.3〜1.5kg少なくなりました。

暑くても寒くてもエアコン使用で1年中室内の温度が変わらないこともあり、
常に食欲モリモリです。お夜食を要求することも多く、
フードを食べさせています。
やせた(?)のはフードのおかげかも知れません。感謝です。
〜〜〜〜〜〜

食が体を作りますから、食欲があるのは何より大事。
しかし好きに食べて運動が足りなければ、体重は増加します。

食事のみで体重を減らすより、適度な運動も必要です。
フードで体重に良い変化があったので、キャバちゃんにはぜひ、
軽度の散歩から運動を増やす事も同時にオススメします。

そして是非、体重公開できる日が来るのをお待ちしています!

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by scarecrow

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談キャバリアちゃんのスリムアップ作戦!