犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談キャバリアの僧帽弁閉鎖不全症も快方に向かいました

キャバリアの僧帽弁閉鎖不全症も快方に向かいました

BUBU


2008年、僧帽弁閉鎖不全症と診断され、友達の勧めからパンフェノンを飲み今年で6年目。
それまで爪の炎症でも悩んでいましたが、飲み始めてから炎症も無くなり心臓の状態も安定し、
病院の先生もビックリ!これからも健康維持の為に飲み続けたいと思います!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●ネコちゃん情報
キャバリア/10歳/オス
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by scarecrow

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://scarecrow.s183.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/471

皆様からのご意見・ご感想

コメントをお寄せください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談キャバリアの僧帽弁閉鎖不全症も快方に向かいました